【USUM】あくびとフィールドに関する仕様メモ

あくびとエレキフィールド・ミストフィールドの関係について、仕様が分かりづらいと思ったものをまとめてみました。

エレキフィールド

f:id:ramugana88:20190209040024p:plain:あくび→f:id:ramugana88:20180225125946p:plain(浮いていないポケモン)

結果:あくびは無効化され、ねむけ状態になりません。エレキフィールドの基本的な仕様ですね。

f:id:ramugana88:20190512131205p:plain

f:id:ramugana88:20190209040024p:plain:あくび→f:id:ramugana88:20190224173635p:plain:(次のターン)羽休め

結果:羽休めをしたターンは飛行タイプが消えて着地しているため、フィールドの効果で眠りません。


羽休めをするポケモンが体力満タンの場合

体力満タンでは羽休め自体が失敗するため、着地できずそのまま眠ります。

 

f:id:ramugana88:20190512173608p:plain:あくび→f:id:ramugana88:20190224173635p:plain:(同じターン)羽休め(後攻)

結果:次のターン、あくびを受けたポケモンは眠ります。あくびを受けたターンに後攻羽休めで着地しても、ねむけ状態は解除されるわけではないことが分かりました(先攻で羽休めをした場合は①と同じくあくびが失敗します)。

ミストフィールド

f:id:ramugana88:20190209040024p:plain:あくび→f:id:ramugana88:20180225131733p:plain(次のターンもフィールドが残っている場合) 

結果:あくびを受けた側はねむけ状態にはなるが、次のターン眠り状態にはならない。ミストフィールドの基本的な仕様と言えます。

次のターンがフィールド最終ターンの場合

判定が「ねむけ状態の処理」→「ミストフィールド解除」の順であるため、最終ターンの1ターン前にあくびが入っても、次のターンは眠りません。

 

f:id:ramugana88:20190209040024p:plain:あくび→f:id:ramugana88:20180225131733p:plain(次のターンにフィールドが残っていない場合) 

結果:ねむけ状態の効果により、あくびを受けた側は次のターン眠ります。そのため、ミストフィールド最終ターンにあくびを撃つのはアリということですね。

あくびを撃った後にフィールドを上書きすることで、相手を眠らせるという立ち回りも可能になります。

まとめ

エレキフィールドはあくび自体を防ぐのに対して、ミストフィールドはあくび自体を防ぐことはできない(ねむけ状態にはなる)、という点が大きな違いです。その他の細かい仕様についても頭に入れておくことで、対戦中に慌てることもないかと思います。「こんな場合はどうなる?」とか「ここが分かりにくい」といったことがあれば、Ramune Hazuki (@RamuniumZ) | Twitterもしくはコメントまでお願いします。

おまけ

あくびの効果(ねむけ状態)は、やどりぎのタネや呪いと異なり、バトンタッチでは引き継がれません。

わりと勘違いしやすい気がする